2011年06月20日 (Mon)
 ■森の妖精きらら物語-あらすじ-
親孝行の植木屋の若者が美しいお嫁さんをもらいました。ハネムーンの途中、急な雨に降られ、びしょ濡れで体を冷やしたお嫁さんは、お腹が痛くなり病院に駆け込みました。まちがえてうっかり入った暗い部屋は、妖精のすむ森の部屋だったのです。かすかに光の差し込む方に進んで行くと、緑がまぶしい森にたどり着きました。そこには、ムシゲルゲという勇気、元気、自信エネルギーを食べる虫がすんでいて、迷い込んだ人間にトゲを刺しては、3本の枝を持つ木に変身させてエネルギーを食べていたのです。

お嫁さんは、すでにムシゲルゲに刺され、3本の枝を持つ木に変身してしまいました。それを知った妖精のすむ森のやさしいカボチャの王様は、幸せを運ぶ青い鳥に、木を助けるように言いました。幸せを運ぶ青い鳥は、草花や木を大切に育てる保育園を見つけ、カボチャの王様に命ぜられた勇気王、元気王子、自信王子という3兄弟のかえる王子らとともに“きらら”と名付けられた森の妖精の3本の枝にたくさんのエネルギーがためられるように助けます。

きららは、昼間子どもを見守る木になって、夜間みんなの家を飛び回って見守る小鳥で、こどもたちといっしょに勇気、元気、自信エネルギーをためて行きます。たくさんたまったら、ムシゲルゲに刺されたトゲをカボチャの王様のパワーで抜いてもらえます。さぁはじまりまじまり・・・

..06/30(Thu) 8:15 (2)



2011年06月21日 (Tue)
 ■第一回 お歌の会 2011年06月21日 演奏:幸せを運ぶ青い鳥
カボチャの王様の命により、きららや子どもたちにもっと勇気、元気、自信のエネルギーがもっとたまるようにと幸せを運ぶ青い鳥が人間の姿になってやってきました。

幸せを運ぶ青い鳥は、人間のことばを話すことができませんでした。

カボチャの王様が子どもたちに教えた「パンプキンペキンポキン、パンプキンペキンポキン、パンプキンペキンポキン」いう魔法の言葉で人間のことばが話せるようになりました。

ピアノと歌のたのしいひとときでした。

最後に「ピヨピヨピーヒャラピロロロローン」という妖精のことばで「ありがとうまたくるね」といって妖精の住む森に帰っていきました。

..06/30(Thu) 8:29 (3)



2011年06月29日 (Wed)
 ■いよいよ物語がはじまります・・・その1
むらにおやこうこうのわかものがいました。
とてもうでのよいうえきやさんでした。
うまれたときから、きやはながだいすきでした。
まいにちせっせときやはなのせわをしているうちに、ゆうきとげんきとじしん
のエネルギーがたくさんたまりました。
むらいちばんのちからもちでむらいちばんのやさしいわかものになりました。

つづく・・・

..06/30(Thu) 0:10 (1)



2011年06月30日 (Thu)
 ■森の妖精きらら物語・・・その2
むらにふしぎなこううんきでにわをたがやしてはたくさんのきれいなばらをさかせるとてもきだてのよいむすめがいました。

むらのわかもののだれもが、およめにもらいたいとおもっていました。
むすめは、だれよりもゆうきとげんきとじしんのエネルギーをもっているむら
いちばんのわかものとけっこんしました。
つづく・・・

..06/30(Thu) 8:47 (4)









2011年07月01日 (Fri)
 ■森の妖精きらら物語・・・その3
わかものは、およめさんといっしょにハネムーンにでかけました。
バラのだいすきなおよめさんのためにヨーロッパのチェコというくにへ
いくことにしました。

チェスキー・クルムロフというまちでおこなわれるバラまつりパレードをみ
にいきました。
このまちにむかしさかえたバラのいえをいわうまつりでした。
みんなむかしのいしょうをきてあるいていました。
つづく・・・

..06/30(Thu) 22:53 (1)



2011年07月02日 (Sat)
 ■森の妖精きらら物語・・・その4
ふたりは、ふるいいしょうをかしてもらえるみせで
いしょうをかりました。

わかものだけきんいろのかつらもつけました。
わかものは、バラをくちにくわえていました。

うれしくてはなのしたがのびてしまいました。
つづく・・・

..07/02(Sat) 0:8 (2)



2011年07月03日 (Sun)
 ■ ■森の妖精きらら物語・・・予告編
森の妖精きららの登場はいつ・・・
その正体は・・・
暗闇の預言者が登場・・・
おたのしみに・・・

..07/03(Sun) 20:39 (3)



2011年07月05日 (Tue)
 ■森の妖精きらら物語・・・その5
わかもののはなのしたがのびたとたんに
そらがくらくなりました。

ごろごろとカミナリがなっておおつぶのあめがふってきました。

ずぶぬれになるまえに、ちかくのいえで
あまやどりをさせてもらおうとおもいました。

つづく・・・

..07/04(Mon) 23:16 (4)



2011年07月06日 (Wed)
 ■森の妖精きらら物語・・・その6
ひとびとはパレードにでかけているのか
どのいえもかぎがかかっていました。

やねにえんとつとかざみどりがあるいえのとびらがあいていました。
ふたりは、いそいでなかにはいりました。

もうずぶぬれでした。
つづく・・・

..07/05(Tue) 19:55 (5)



2011年07月07日 (Thu)
 ■森の妖精きらら物語・・・その7
いえにはいるとあかあかともえるだんろがありました。
いえのひとは、ずぶぬれになったふたりをみると、
「だんろのまえのイスにすわってかわかしていきなさい。」
といいました。

わかものはきもちよくなってすぐにうとうととねてしまいました。

かぶっていたかつらがころりとおちました。
つづく・・・

..07/06(Wed) 23:24 (6)



2011年07月08日 (Fri)
 ■森の妖精きらら物語・・・その8
わかもののおよめさんは、ころりとおちたかつらをひろいました。

まだぬれていたかつらをていねいにハンカチでふきました。

ふきながらだんろのうえにあるカボチャの
おきものがめにとまりました。

ほのおにてらされてきらきらとかがやいていました。

つづく・・・

..07/08(Fri) 7:33 (7)



2011年07月09日 (Sat)
 ■森の妖精きらら物語・・・予告編
むすめは、光り輝くカボチャのおきものに目がくらみ、暖炉の火で暖められ、ここちよさを感じ、うつろな中で物語が展開していく・・・

いよいよムシゲルゲの一刺しか・・・

つづく・・・

..07/09(Sat) 17:21 (8)



2011年07月11日 (Mon)
 ■森の妖精きらら物語・・・その9
およめさんは、だんろのうえのきらきらとかがやく
カボチャのおきものが、
かつらをかわかすのにちょうどいいとおもいました。
かつらをつまんでカボチャのおきものに
のせました。

つづく・・・

..07/12(Tue) 8:30 (9)



2011年07月12日 (Tue)
 ■森の妖精きらら物語・・・その10
およめさんは、あめにぬれてからだがひえたせいか、
きゅうにおなかがいたくなりました。
「いたたたたた・・・」
がまんできないほどのいたみでした。
うつくしいかおがゆがんでしまうほどでした。

わかものは、だんろのまえでまだスヤスヤ
とねむっていました。

つづく・・・

..07/12(Tue) 8:32 (10)



2011年07月13日 (Wed)
 ■森の妖精きらら物語・・・その11
およめさんは、ねむっているわかものをおいて
びょういんをさがしにそとにとびだしました。

くるときにはきづかなかかったけれど
みちをはさんだむかいにびょういんがありました。

ドアをあけていちもくさんにしんさつしつへ
かけこみました。

つづく・・・

..07/13(Wed) 7:43 (11)



2011年07月14日 (Thu)
 ■森の妖精きらら物語・・・その12
およめさんが、かけこんではいったしんさつしつでは、
おいしゃさんと
パンツいちまいのすがたのおんなのひとがよにんいました。

ひとりはうつむいてはずかしそうにおいしゃさんのまえにすわって
いました。

ほかのひとたちは、さむそうにふるえながらかべぎわのいすに
すわっていました。

つづく・・・

..07/14(Thu) 7:23 (12)



2011年07月15日 (Fri)
 ■森の妖精きらら物語・・・その13
およめさんは、とてもはずかしがりやさんなので
パンツいちまいのおんなのひとたちのように
パンツいちまいになることはできませんでした。

あわててしんさつしつをとびだしました。

ほかのびょういんをさがそうとでぐちのとびらをあけました。

そこはでぐちではなくてうすあかりのともるくらいへやでした。
つづく・・・

..07/15(Fri) 6:1 (13)



2011年07月16日 (Sat)
 ■■森の妖精きらら物語・・・予告編
びょういんのしんさつしつからやってきたにんげんが
もりのようせいきららになるまでを
しっているおとこがいた。

そのおとこはだれだ・・・

つづきは、かようびから

..07/15(Fri) 23:59 (14)



2011年07月19日 (Tue)
 ■森の妖精きらら物語・・・その14
うすあかりのともるくらいへやにはいったおよめさんは、
でぐちをまちがえたことにきづきました。

たちどまっているとおしりにちくりといたみをかんじました。

ムシゲルゲのしわざでした。

つづく・・・

..07/19(Tue) 17:11 (15)



2011年07月20日 (Wed)
 ■森の妖精きらら物語・・・その15
おしりがずきずきといたくなって、からだがしびれてきました。

からだがきのみきのようにふくらんでうでやゆびがえだの
ようにかたくなりました。

かみのけがはっぱのようにみどりいろになりました。

うつくしいおよめさんのからだがだんだんおおきくなって
かわっていきました。

つづく・・・

..07/19(Tue) 23:19 (17)



2011年07月21日 (Thu)
 ■森の妖精きらら物語・・・その16
ムシゲルゲにさされてからだがだんだん
おおきくなりました。

うでは、きのえだになりました。
そして、もういっぽんあたまのうえからはえてきました。

ぜんしんがちゃいろでさんぼんのえだをもつきになって
しまいました。

つづく・・・

..07/21(Thu) 10:40 (18)



2011年07月22日 (Fri)
 ■森の妖精きらら物語・・・その17
およめさんは、なにがおきたのかわからなくなっていました。

あしもとをみるときのみきからのびたねっこが、はっぱ
のついたつるをふんずけていました。

やっとじぶんがきになってしまったことがわかりました。

つづく・・・

..07/22(Fri) 7:8 (19)



2011年07月23日 (Sat)
 ■森の妖精きらら物語・・・予告編
3兄弟のかえる王子です。勇気王子、元気王子、自信王子といいます。

カボチャの王様の命により、幸せを運ぶ青い鳥とともに森の妖精きららを救います。

かえる王子が、木にされてしまったきららを妖精の住む森から脱出させます。

つづきは、月曜日に・・・

..07/23(Sat) 10:27 (20)



2011年07月25日 (Mon)
 ■森の妖精きらら物語・・・その18
びょういんのでぐちだとおもってあけた
とびらは、ようせいのすむもりのいりぐちでした。

ムシゲルゲにおしりをさされて
きになってしまいました。

ふんでいるあしもとのつるがあかくなりはじめ
ました。

つづく・・・

..07/25(Mon) 7:18 (21)



2011年07月26日 (Tue)
 ■森の妖精きらら物語・・・その19
ようせいのすむもりには、カボチャのおうさまがいました。

カボチャのおうさまのからだからは、なんぼんもつるがはえていました。

もりのなかでだれかがつるをふむとすぐにわかりました。

まただれかがムシゲルゲにさされたなとおもいました。

つづく・・・

..07/26(Tue) 9:54 (22)



2011年07月27日 (Wed)
 ■森の妖精きらら物語・・・その20
カボチャのおうさまは、まただれかがムシゲルゲにさされたとおもって
ぼうえんきょうをのぞいてみました。

すでにさんぼんのえだのはえたきになったものを
みつけました。

つづく・・・

..07/27(Wed) 7:52 (23)



2011年07月28日 (Thu)
 ■森の妖精きらら物語・・・その21
カボチャのおうさまは、カボチャになるまえは
カボチャがすきなふつうのおうさまでした。

おうじょは、いつもいつもカボチャをたべるので、
あきてしまいました。

たまにはおいしいくだものがたべたいとおもいました。

つづく・・・

..07/28(Thu) 8:47 (24)



2011年07月29日 (Fri)
 ■森の妖精きらら物語・・・その22
カボチャのおうさまにおねがいしていっしょにもりにくだものをさがしにいくことにしました。

しばらくさがしていると、きのうえでムシャムシャときいろいみをたべている
ことりをみつけました。おいしそうなビワでした。

ことりがとまっているきはビワのきではないので、ことりがビワをどこからかとってきたにちがいないとおもいました。たべおわるとまた

ビワのなっているところへいくとおもいました。

つづく・・・

..07/28(Thu) 23:48 (25)



2011年07月30日 (Sat)
 ■森の妖精きらら物語・・・予告編
うつぶせに横たわった、王様と王女の身になにが起こったのか・・・

つづきは月曜日

..07/30(Sat) 7:13 (26)








2011年08月01日 (Mon)
 ■動画・・・森の妖精きらら物語
森の妖精きらら物語が動画になりました。あらかじめクイックタイムをインストールしてごらんください。

>>>こちら

..07/31(Sun) 23:12 (1)




2011年09月20日 (Tue)
 ■第2回お歌の会 2011年09月20日 演奏:幸せを運ぶ青い鳥 語り:ムシゲルゲ
幸せを運ぶ青い鳥が保育園にやってきました。意地悪をするムシゲルゲは保育園の子どもたちと仲良くすることを約束し、みんなで森の妖精列車に乗って妖精の住む森に冒険に行きました。画像スライドはこちら
..09/20(Tue) 23:12 (1)




2011年12月08日 (Thu)
 ■第3回お歌の会 2011年12月08日演奏:赤い鳥、黄色い鳥、青い鳥 語り:ムシゲルゲ、イケメンムッシー、カボチャの王様
サンタクロースは、円通寺保育園のこどもたちが、クリスマスを楽しみにしていてくれるかとても心配でした。ムシゲルゲに円通寺保育園のこどもたちに聞いてきてほしいとたのみました。ムシゲルゲは、サンタクロースから頼まれたけれど、ひとりでは心細いので、イケメンムッシーに手伝ってもらいました。イケメンムッシーは、幸せを運ぶ青い鳥と、その友達の赤い鳥、黄色い鳥たちとクリスマスコンサートをすることにしました。
..12/08(Thu) 23:12 (1)




2012年08月08日 (Wed)
 ■第4回お歌の会 2012年08月08日 演奏:赤い鳥、黄色い鳥、青い鳥 小鳥 3匹 語り:ムシゲルゲ、カボチャの王様
いつも勇気、元気、自信エネルギーを食べていじわるをしているムシゲルゲは夏休みになったのでいじわるをやめることにしました。カボチャの王様はいじわるをしないムシゲルゲならなかよくしてもいいと思って一緒に海に遊びにいきました。幸せを運ぶ青い鳥さんたちも呼んで、楽しいお歌の会が始まりました。星にお願いをしたら小鳥たちが登場しました。
..08/08(Wed) 23:12 (1)




2013年03月12日 (Tue)
 ■第5回お歌の会 2013年03月12日 演奏:赤い鳥、黄色い鳥、青い鳥 小鳥 演技 びわの森に住む魔女 森の妖精
(森の妖精キララ物語「七色のアゲハ蝶になったムシゲルゲ」) ムシゲルゲのお母さんとお父さんはアゲハチョウで、妖精の住む森でレモンの木を育てていました。 お父さんアゲハは、大きく育ったレモンを毎日森の中で売り歩いていました。 ある日、お母さんアゲハは、レモンの葉をムシャムシャと食べて赤い色の卵を一つ産みました。 次の日、お母さんアゲハは、レモンの葉をムシャムシャと食べて青い色の卵を一つ産みました。 そのまた次の日、お母さんアゲハは、レモンの葉をムシャムシャと食べて緑色の卵を一つ産みました。 ある日、ビュービュービューと、とても強く風が吹きました。 レモンの葉にくっついていた緑色の卵が一つ落ちました。 地面に落ちた緑色の卵は、コロコロと、ころがってからプッチンとはじけました。中から ムシゲルゲが生まれました。 すぐにお腹が空いたので近くに生えているおこりんぼのビワの木の葉をムシャムシャと食べました。 食べ終わると頭からおこりんぼの角が生えてきました。 まだお腹が空いていたので、そのとなりのへそまがりのビワの木の葉をムシャムシャと食べました。 食べ終わると頭からへそ曲がりの角が生えてきました。 ムシゲルゲは、おこりんぼの角とへそ曲がりの角が生えているのを知らずにお腹がいっぱいに なったので一眠りしました。 雨が降ってきたのでビワの木の下で雨宿りをしました。しばらくするとビワの森に住む魔女が やって来てムシゲルゲに言いました「まぁー、なんて醜いイモムシだこと、この鏡で自分の姿を見てごらん」 と言いました。 ムシゲルゲは鏡にうつった自分の姿を見てびっくりしました。そしてビワの森に住む魔女に どうしたらもとどうりのアゲハのイモムシになれるのか聞きました。 「妖精の住む森に迷いこんだ人間のお尻をこの魔法のナイフで刺しなさい。そして 変身した三本の枝が生えた木の勇気、元気、自信エネルギーを食べるのだ。そうしたらもとのイモムシになれる」と魔女は言いました。 これは、魔女のついたウソでした。魔女はムシゲルゲが食べ終わるとするコロコロの糞をビワの木の栄養にしたいだけだったのです。 何日も何日も三本の枝が生えた木の勇気、元気、自信エネルギーを食べました。 三本の枝が生えた木の勇気、元気、自信エネルギーを食べ続けてもなかなかもとの姿に戻れないムシゲルゲは、木のいちばん上まで登って空を見上げました。 幸せを運ぶ青い鳥が横切って飛んでいきました。その後に一枚の葉が空から降ってきました。 サラサラと風に吹かれながら落ちてきたレモンの匂いのする葉は、ビューと強い風が一度吹くと、ムシゲルゲのおこりんぼの角とへそ曲がりの角に引っかかりました。 すると見る見るうちに角が小さくなって消えてしまいました。頭の上に乗ったレモンの葉を食べ終わるとムシゲルゲはもとのアゲハのイモムシに戻りました。だんだん体が硬くなってサナギになりました。太陽の光を沢山 あびると中からキラキラとひかり耀く七色のアゲハ蝶が生まれました。 遠くから「レモンはいかがですかー」とレモンを売るお父さんの声が聞こえてきました。 七色のアゲハ蝶を見たお父さんはすぐにすぐに自分の子どもだと思いました。 いっしょにお母さんのところへ「あいうえのうた」を歌いながら帰りました。 うたって、るるるー、しあわせ、だいすき、えんつうじほいくえん あいうえ おおきなたいよう かきくけ こどものえがお さしすせ そらとびまわり たちつて とりもよろこぶ うたって、るるるー、しあわせ、だいすき、えんつうじほいくえん なにぬね ののはなばたけ はひふへ ほんとのしぜん まみむめ もりもりたべて やっぱり ゆめみるよいこ うたって、るるるー、しあわせ、だいすき、えんつうじほいくえん わいうえわをん あいうえお!
..03/12(Tue) 10:10 (1)




2013年08月30日 (Fri)
 ■第6回お歌の会 2013年08月30日 演奏:赤い鳥、黄色い鳥、青い鳥 パイレーツ
(森の妖精キララ物語「パイレーツがやってきた!」) ムシゲルゲが望遠鏡でのぞいていると風や雨がふり出しました。カボチャの王様が乗った海賊船が円通寺保育園にやってきて演奏会がはじまりました。
..08/30(Fri) 10:10 (1)




2013年12月13日 (Fri)
 ■第7回お歌の会 2013年12月13日 演奏:赤い鳥、黄色い鳥、青い鳥 英語の先生 クララ
(森の妖精キララ物語「くるみ割り人形ミュージカルとクリスマスソング」) ムシゲルゲは、妖精の住む森で催される赤い鳥、黄色い鳥、青い鳥さんたちのクリスマスコンサートに保育園の子どもたちを招待しました。 トナカイのそりにのるためのおまじないを「となかいルドルフわんだふる」と大きな声でとなえました。皆でそりにのってさぁ出発!
..12/13(Fri) 10:10 (1)




2014年08月22日 (Fri)
 ■第8回お歌の会 2014年08月22日 演奏:赤い鳥、黄色い鳥、青い鳥 演技:アニマルキッズ
(森の妖精キララ物語「スペースファンタジー動物の謝肉祭コンサート」)望遠鏡で空を眺めていたムシゲルゲは宇宙船に乗って動物惑星に行きたくなりました。カボチャの王様の魔法で森の妖精トレインを宇宙船ムシゲル号にしてもらいました。子どもたちと一緒に動物惑星までひとっ飛び。赤い鳥さん、黄色い鳥さん、青い鳥さんと楽しいお歌の会が開催されました。
..08/22(Fri) 10:10 (1)




2014年12月17日 (Fri)
 ■第9回お歌の会 2014年12月17日 演奏:赤い鳥、黄色い鳥、青い鳥
(森の妖精キララ物語「クリスマスコンサート」)サンタクロースから手紙をもらった円通寺保育園の子どもたちは、トナカイ号にのって恐竜の国に行きました。お歌の会がはじまりました。「おまえうまそうだな」の恐竜の絵本を赤い鳥さんが読み、黄色い鳥さん、青い鳥さんがピアノの演奏をしました。そして童謡やクリスマスの曲の演奏や歌をうたいました。
..12/17(Wed) 10:10 (1)




2015年08月28日 (Fri)
 ■第10回お歌の会 2015年08月28日 演奏:赤い鳥、黄色い鳥、青い鳥  演技:小学生4人のお友達
(森の妖精キララ物語「海の歌と昔話とお祭り」)動物影絵のクイズで子どもたちは、影がおサルさんだと簡単に当ててしまいました。さて次の影は象かと思ったら、はずれでした。赤い鳥さん、黄色い鳥さん、青い鳥さんの影でした。ムシゲルゲのお舟に乗ってやってきた鳥さんと小学生4人のお友達たちは、海の歌を歌い、花坂爺さんの演技をし、お祭りの歌をにぎやかに歌いました。0歳や1歳の子どもたちもとても楽しそうでした。
..08/28(Fri) 10:10 (1)




2017年06月28日 (Fri)
 第11回お歌の会 2017年6月28日 演奏:赤い鳥、黄色い鳥、青い鳥
(森の妖精キララ物語「小鳥の島でコンサート」)綱引きが得意な子どもたちは、海上に浮かぶムシゲルゲ船 のロープを岸から引っ張りました。そしてその船に乗って小鳥の島に行きました。赤い鳥さん、黄色い鳥さん 、青い鳥さんは、歌や「愛すること愛されること」という恐竜トロオドンの絵本の読み聞かせをピアノやフルートで 演奏しました。子どもたちの大好きな「さんぽ」の曲を演奏して森に帰って行きました。
..06/28(Thr) 10:10 (1)




2017年11月13日 (Fri)
 第12回お歌の会 2017年11月13日 演奏:赤い鳥、黄色い鳥、青い鳥
(森の妖精キララ物語「おイモの好きな鳥さん」)ムシゲルゲは、おイモを食べたらお歌を歌いたくなりました。と、その時、焼きイモの匂いに誘われて赤い鳥さん、黄色い鳥さん 、青い鳥さんがやってきました。そして歌や「チョウスケとおつきさま」という小熊とお月さまの読み聞かせをピアノや鉄琴で演奏しました。ムシゲルゲと子どもたちはたのしそうにお歌を歌いました。お礼に鳥さんたちにおイモのクリスマスプレゼントする約束をしました。
..11/13(Mon) 10:10 (1)




2018年10月26日 (Fri)
 第13回お歌の会 2018年10月26日 出演:ケーキマン 演奏:赤い鳥、黄色い鳥、青い鳥 白い鳥
(森の妖精キララ物語「白い鳥&ケーキマン登場」)園庭にやって来る白い鳥さんは青い鳥さんの妹で、お歌の会でバイオリンを演奏しました。「もりいちばんのおともだち」で登場したブルドックのケーキ屋さんは、毎月のお誕生日会の日のおやつのケーキを作ってくれているココット星のケーキマンでした。目の前で3段ケーキが完成し、みんな大興奮。
..10/29(Mon) 10:10 (1)


Iconlist

tackynote3 Ver0.66 Created by Tacky's Room